活動情報 ACTIVITY INFO

保険の無料相談はNPO法人FPファーム

保険【ご相談例】

Q1:生命保険には、必ず加入した方が良い?
Q2:先進医療とは?先進医療の加入は必要?
Q3:保険会社への告知後に病気になった場合、保険金は受取れる?
Q4:定期保険などの更新時に病気になってしまった場合、更新できる?
Q5:保険の見直しを進められるが、見直しすれば保険料は安くなる?
Q6:契約している保険会社が倒産したら、加入している保険はどうなる?
Q7:死亡保険金が支払われないケースはある?
Q8:死亡保険金は亡くなる前に受取ることは出来る?
Q9:死亡保険金に税金はかかる?
Q10:入院日額はいくらあれば十分??

保険

日本人はほどんどの方が保険に加入しています。

しかし、今入っている保険が、本当に必要なものなのか、金額は妥当か、満期の時はどうなるのか、なぜその保険に入っているのかなど、いざとなると答えられない方が非常に大きのです。

しかし、毎月の支払いはそれほどではなくても、ライフプランの観点で何十年としてみると老後のキャッシュフローに大きく影響していきます。リスクヘッジのためにお金をかけすぎて、気が付けばリタイア後生活していけないなんていうのは笑い話にもなりません。

まずしっかりライフプランをベースに保険をしっかり考えて組み立てましょう。また、以前より支払っているために今更見直しや解約すると損をすると思っておられる方が多いですが、内容にもよりますが、自分に合っていない保険は、たとえ50歳であっても見直すべきです。ただし、見直しは、しっかりとライフプランに合った形で見直さないと、さらにひどい組立になる場合もありますので、売ることが目的ではない、NPOのFPのアドバイスを聞かれることをお勧めします。