活動情報 ACTIVITY INFO

相続・遺言・遺産分割の無料相談はNPO法人FPファーム

相続【ご相談例】

Q1:親の相続人は誰?相続割合は?
Q2:夫が亡くなった時の相続ってどうなる?
Q3:両親が亡くなり、生涯独身で兄弟も居ない私が家や土地を相続をした場合、死んだら家や土地はどうなる?
Q4:親の借金も相続するの?
Q5:親から相続したのは、家と土地だけで現金は相続してないのに、相続税はどうやって払うの?
Q6:遺言があったら、絶対に遺言どうりになる?
Q7:遺留分ってなに?私に関係ある?
Q8:遺言の種類に、自筆、秘密、公正証書 とあるけど何が違うの?
Q9:公正証書遺言の作り方がわからない。費用はいくらかかる?
Q10:親不孝の子供に相続させたくなくて遺言書を書いたが、遺留分請求されたらどうなる?
Q11:生命保険の死亡保険金も相続財産に入る?

相続・遺言・遺産分割

高齢化社会に突入して久しいですが、今後相続の件数が増えてくるという裏返しでもあります。

故人は争うために財産を残されるのではないのですが、結果的には税金がかかるほどの方でなくても、相続で係争中の方は非常に多いのが現状です。
むしろ、相続税を支払う方より、それ以外の方の紛争の方が多いというデーターが出ているようです。

血を分けたご兄弟やご親戚でもいざとなると大変なことになります。残してやるのだから、あとは勝手にということではなく、税金がかかるかどうかではなく、揉めないように対策をしておいてあげることも必要ですし、相続予定の方は、その旨を一緒に協議しておくことも必要です。ましてや、税金がかかりそうな方は事前に対策をねっておくことはより必要です

こちらも、専門の税理士の先生などでないとなかなか対策が難しい内容となります。
世間でゆう金融機関も協力してくれますが、非常に高額な予算がかかります
まずそう言ったご相談は、当FPファームにご相談されてみてはいかがでしょうか?

ましてや今後は、痴呆症なども増加傾向にあり、対策は早いに越したことはありません
成年後見制度などもまだまだ一般に馴染みの少ないものですので。